弊社では、MBAによる収益不動産の定量分析を始め、不動産鑑定士による適正相場等の確認、一級建築士による建物診断なども行い長期的に収益が安定し、かつ保有に問題がない収益不動産購入のサポートを行っております。
当然ながら税理士による税務サポートにも対応しております。

不動産投資は、様々な投資商品の中でもレバレッジ効果を受けやすく、かつ土地や建物の価値が他の投資商品と比較して変動しにくいことから、比較的安定した収益が得られる投資としてご興味を持つ方も多いでしょう。不動産投資の中でも、戸建アパートマンション区分マンション小口化商品等様々な種類に分けられ、それぞれメリット・デメリットがあるため、それぞれの不動産の特性を見極め、かつ、その不動産が持つ実力を最大限に活かせる、ご自身に合う不動産をお選びいただくことが不動産投資成功に繋がると考えています。

近年の不動産投資市場では、保有中の賃料収入(インカムゲイン)を主軸に売却益(キャピタルゲイン)を考慮し、そのプロジェクト全体の収支がプラスであれば購入する手法が用いられてきました。

それ以前では、不動産価格が上昇傾向の市況だったことから、インカムゲインは比較的軽視され、最大限のキャピタルゲインを得られる時期に売却して別の不動産を購入する手法が主流でした。

後者の手法を現在でも継続できている投資家は少なく、時代の移り変わりに対応できなかった投資家は大きな負債を抱える結果になってしまったと耳にします。

この様に、不動産投資は他の投資商品と比較して大きなレバレッジ効果を受けられる一方、大きなリスクを伴う投資であることを念頭に、不動産市況全体を分析し、その時代に合わせた不動産や手法を選択する必要性がございます。
特に、不動産市況に変調が見え始めている今だからこそ、従来以上に慎重に不動産投資を検証することが不動産投資成功への近道といえます。

不動産投資サポートは、このような方におすすめです

✔︎はじめてになるが不動産投資をしたい

✔︎将来のために安定的な収入を得たい

✔︎不動産を活用して資産運用をしたい

✔︎どのような物件に投資をしたいのか悩んでいる

ご相談・解決事例

(1)埼玉県A様

以前から不動産投資に興味があり、自身でも情報収集を行っていましたが、賃貸経営の具体的なイメージができず実際には収益物件購入は出来ていませんでした。
こちらで収益物件を購入した知人から紹介していただき、賃貸経営のイメージを掴むためにも相談をしました。

A様はご自身で不動産投資の勉強をされているものの、購入後賃貸管理会社に全てを任せてしまうことにご不安をお持ちでした。

A様がご認識の通り、日常的には賃貸管理会社に依頼することで賃貸経営のご負担は軽減されますが、入居者様選定や修繕といった重要な事項はご自身で判断する必要があり、賃貸管理会社に全てを任せられるわけではなく、ご自身でもご判断ができるよう常に収益物件の全体像を把握して頂く必要があります。
このことから、まずは不動産投資の全体像をご説明させていただきました。

ご説明の後、A様がお持ちだったご不安も概ね解消され、具体的に購入する収益物件のご提案に進むことになりました。

お仕事と並行しての不動産投資だったこともあり、手のかかりにくい新築や築浅の収益物件を中心に複数物件の分析を行いました。

分析では物件ごとの収益性だけでなく、各物件に空室損や想定される修繕費用等のストレスをかけ、その物件がどの様な状況まで耐えられるかを検討します。分析結果を基に手のかかりにくい物件とそうでは無い物件の選定を行い、A様のご要望に沿う手のかかりにくい物件を中心に数件の収益物件をご紹介いたしました。

その中でも規模や築年数、専有部分の間取り等が異なるため、それぞれの物件の特徴を詳しくご説明をさせていただき、既に満室稼働している築浅のアパートを購入していただくことになりました。

A様のご要望により賃貸管理業者もご紹介させていただき、日常的な管理のご不安は無くなったものの、当面は賃貸経営のサポートをさせていただくことになりました。将来的にはA様ご自身で賃貸経営を行っていただくためにも、賃貸経営の全ての判断を一任していただくわけではなく、弊社で判断材料を整理し、A様にご判断いただく方法を取らせていただきました。

実際に収益物件を購入していただいたことで、漠然としたご不安が解消できたと仰っていただき、今後も時期を見て新たな収益物件購入に向けた物件紹介をご依頼いただくことになりました。

(2)神奈川県B様

既に収益物件を数件持っていたのですが、高い金額で購入してしまっていたこともあり想定していた収入が得られない状況が続いていました。
今後は経年劣化によって収入が減ってしまうことも不安に思っていたので相談をしました。

B様とのご面談の際に、詳しい状況を伺ったところ、毎月の収支がほぼプラスマイナスゼロであることがわかりました。ご相談の通りB様は収益性の改善をご希望されていましたので、収益物件の分析と改善策の策定をご依頼いただくことになりました。

ご面談の後、既にお持ちの収益物件の資料をご用意いただき、まずは各物件の詳細を分析することになりました。

ご用意いただいた資料からは、収益物件の購入からさほど期間は経過しておらず、物件自体も新耐震基準だったものの、購入時に紹介された際の想定賃料よりも実際の賃料が低い物件や空室が目立つ物件があることがわかり、期待した収益性を得られていない物件は、共通して購入価格が高額であったことがわかりました。
既存収益物件の分析では、各物件の特徴や資料、周辺の賃貸需要を中心に収益性が悪化している原因を探ります。

【B様ご所有物件】
①区分1Rマンション(築10年、空室、収支マイナス)
②区分ファミリーマンション(築5年、収支ややプラス)
③木造アパート(築15年、6戸中2戸が空室、収支0)

上記のように①が収益性悪化の大きな要因であることがわかります。
この物件の賃料相場を調べたところ、購入時の想定賃料より定額であることがわかり、客付けした場合でも毎月の管理費・修繕積立金等のコストや返済を行うとさほど手残りが得られない分析結果となりました。
加えて、近隣には1R・1Kの空室が多く、客付け費用や将来の修繕費用を考慮すると保有を続けるメリットが少ない物件でした。
②は購入時から継続して同じ賃借人様にお住まいいただいており、安定した賃貸経営が行えている物件でした。
周辺には競合物件も少なく、今後空室になった際もさほど苦労せず客付けを行えることがわかりました。
③はやや築年数が経過しており、それぞれ3ヶ月ほどの空室期間がありました。
周辺競合物件と比較すると、共用部・専有部ともに見劣りしてしまう状況となっており、募集賃料も競合物件より安価に設定していました。
分析結果を基にした収益性改善案では、それぞれ下記のご提案を行いました。
①早期にご売却。売却で得た資金を他の物件の改善策に充てる
②現状維持。
③空室と共用部のリノベーション、もしくは売却して他の物件を購入

B様には、①②についてはご提案の通りの方針にご納得いただき、③については売却後他の物件の購入をお選びいただくことになりました。

①③ともお借入残高以上の価格で売却することができ、お手元に残った資金を自己資金として新たな収益物件の購入までサポートをさせていただくことになりました。
新規の収益物件では事前に詳細な分析を行い、収益性が高く安定した収益物件を購入していただけましたので、B様にご満足いただける結果となりました。

お申し込みの手順

1.ご予約

こちらのご予約フォーム・またはお電話でご予約ください。

2.相談

不動産投資に関するご希望や不動産投資へのご不安等を詳しく伺わせて頂きます。

予算、エリア、利回り、賃貸・オフィス・商業などの物件タイプなどの内容をお聞かせください。お客様の潜在的な不動産投資に関するニーズも引き出させていきたいと考えております。

また、既に収益不動産をご所有の方は、現在の問題点や今後のご不安を伺い、物件資料を確認させていただきます。

3.サービスのご提案

収益不動産は、ホームページに公開されている物件から、未公開まで多くございます。

お客様に希望に合う物件を選択し、ご案内いたします。選択した収益不動産はスクリーニングをかけ、定量分析の上で条件に合致した不動産をご紹介いたします。賃貸経営の難易度が高くなる傾向はありますが、相続から派生して売却を希望されている不動産のご紹介も可能です。

また、不動産投資のポイントとなる金融機関の融資においてもファイナンス戦略をサポートいたします。

4.ご契約、アフターサービス

不動産投資においては契約内容は重要です。ここ数年では不動産売買契約書の改竄等の話もありました。当社では不動産に強い弁護士のリーガルチェックも入れて問題の起きないようにダブルチェック体制で取引をサポートいたします。そして、引き渡し完了後の管理や賃貸経営判断も大切なため、お客様が安心出来るサポート体制を整えております。

当社では収益物件探しから管理まで含めて長期間にわたるサポートを行なっております。

料金

不動産売買成約価格の3%+消費税

※宅建業法の定めの通り 詳細はご案内いたします

お気軽にお問い合わせください。TEL 048-782-4399受付時間 9:00-19:00 [ 土・日・祝日除く ]

無料相談のご予約 お気軽に無料相談にご予約くださいませ