事務所だった不動産を住居に用途転換したり、倉庫を店舗にリノベーションしたり、オフィスビルをシェアハウスに転用したり、使っていない建物を民泊とするなど、いままでの使い方を見つめ直し時代に合った活用方法を企画、実行支援させて頂くサポートも行っています。ご所有不動産の最有効活用方法をご提案致します。借地、底地に関するコンサルティングも得意としております。

不動産有効活用コンサルティングは、このような方におすすめです

✔︎収益物件の収益性を改善したい

✔︎相続した実家が空き家になっているので活用したい

✔︎代々引き継いでいる土地が遊休地になっている

✔︎底地が煩わしく改善したい

ご相談・解決事例

(1)千葉県Aさん

以前は父が店舗として使用していた不動産があるのですが、高齢になったこともあり店舗を閉めてしまい今後の予定は立っていませんでした。
どなたかに貸せればとは考えていたのですが、店舗として借りていただける方が見つからず相談をしました。

相談後、分析結果を基に、現状のまま賃貸条件を見直して賃貸募集・リノベーション後に賃貸募集・売却を提案していただきました。
分析結果から、やはり店舗としての需要は多くないことが確認できた一方で、住居としては需要が見込める不動産であることがわかりました。
その中でも周辺の賃貸物件と競合しにくいリノベーションプランや収支シミュレーションでリノベーションを行うことが費用対効果が高いことがわかり、リノベーションを決断しました。
リノベーション工事中に借りていただける方が見つかり、現在も安定して収入を得られています。
売却も視野に入れていたのですが、父の思い入れのある不動産を有効活用できたため、父も満足しています。

(2)埼玉県Bさん

長らく借りていただいている土地があり借主様との関係は良いものの、私の子供からは現状より収入が増える方法があるのではないかと言われていました。
借主様との関係が悪化してしまうことを避けつつ、なにか良い方法があればと思い相談しました。

相談後、提案していただいた方法の中で等価交換が私の状況に合っているように感じました。
早速サポートをしていきながら借主様に等価交換のお話をしたところ、丁度借主様も建替えを考えていたようでスムーズにご納得いただけました。
等価交換後に自由になった土地には、アパートの建築までサポートをしていただき、子供が望んでいた収入が得られるようになりました。

お申し込みの手順

1.ご予約

メール・またはお電話でご予約ください。

2.お悩み相談

最近では、築年数の経過した戸建て、アパート、マンション、ビルの活用方法をはじめ、別荘や山林など地方の利用していない不動産の相談も多くございます。
相続における物納が難しくなっているいま、利用をしておらず固定資産税がかかっているだけの不動産の所有を見直すお客様が増えています。
当社では、住宅からオフィス、倉庫から住宅など、不動産の用途変更に関するサービスも提供しています。
現状のお悩み・ご相談内容をお気軽にお聞かせください。

3.サービスのご提案

ご相談から状況を整理させて頂き、お客様のご要望にあったサービスを提供させて頂きます。
投資は費用対効果がなければ意味がありません。
数値分析を見て頂きながら長期的かつ持続性のある不動産有効活用プランを実施致します。

4.実施・アフターサービス

不動産の有効活用時も弊社の建築士のダブルチェックが入ります。
コンサルティングサービスは引き渡しで完了ではありません。
不動産は長期間に渡る管理も大切なポイントとなりますが、不動産の管理も含めてサポート致します。

お気軽にお問い合わせください。TEL 048-782-4399受付時間 9:00-19:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。